ホールICL体験記02 再検査(2014年7月26日)

2014年7月26日

ICL体験記 眼内レンズ 視力 手術


再検査(2014年7月26日)

昨日の適応検査につづいて、今日は再検査です。といっても、たいしたことはされず、昨日と同じ視力検査をして検査結果に違いがないことを確認したのと、昨日は使わなかった機械で新たにレンズを挿入するスペースを撮影して解析しただけで1時間ほどで終わりました。一応、ドクターの診察もありましたが、昨日、念入りに眼底をチェックしたところなので、さらっと見ただけでした。これで今日の検査は終了、受付に呼ばれ、「昨日と今日の検査結果に基づいてレンズを発注します」ということで、手術代金の一部を前払いします。このお金は、今後こわくなって手術をキャンセルしても返ってきません。が、覚悟はもう決まっているので、迷いはありません。手術費用全額を現金で支払えば、3千円キャッシュバックされるそうですが、一方、カードで支払えばポイントがついてきます。計算の結果、カードのほうが得しそうなのでカード払いにしました。領収書をもらえますので、これは大事に保管しておかなければなりません。確定申告により医療費控除を受ければ、税金が戻ってくるので実質負担が軽くなります。ただ手続きのしかたを全く知らないので、また調べなければなりません。

昨日、ドクターの問診とカウンセラーとの面談で十分、説明は受けていたので、今日はあらためて説明などがないのはかまわないのですが、レンズの発注が確定するのであれば、その内容(レンズの度数、サイズなど)について知りたいところです。それで、「発注するレンズの度数などのデータは教えてもらえませんか」と尋ねたところ、「まだ今日の検査の解析が終了していないので、現時点では決定していません。決定したらお電話でお知らせします」とのことでした。

そして、次回、クリニックに来院するのは手術日になるため、今日すでに手術前に使用する薬が処方されました。まず手術3日前から1日4回点眼するベガモックス点眼液。ニューキノロン系の抗菌薬です。そして手術前日から開始するアベロックス錠400㎎。これもニューキノロン系の抗菌薬。1錠分1朝後です。「飲み合わせの悪い薬や副作用が結構ある薬なので注意してください」と受付のお姉さんから説明を受けます。「ほかに飲んでいる薬はないですか」と併用薬のチェックまでしてくれます。ここで「便秘気味なのでマグミットを飲んでいます」と言ったらどう対応してくれるのか興味を持ちましたが、そういういたずらめいたことをしてもしょうがないので、「大丈夫です」とだけ答えておきました。
これで、今日はおしまい。そして術前の検査もすべて終了。あとは発注するレンズデータが決定し、レンズを発注し、それが届くのを待つだけです。