完全栄養パン「BASE BREAD」レビュー

2020年11月15日

栄養 食品

完全栄養の誘惑 

手っ取り早く必要な栄養素をすべて摂れるような食事があったらいいのに、と思うことってありませんか?仕事で遅くなった夜とか、寝坊した朝とか。


ベースフードという会社が、それを可能にする完全栄養パン「BASE BREAD」という商品を販売しています。「完全栄養」の定義は、「脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む」ということだそうです。つまり、3食(1食2個)このパンだけを食べるだけで、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム以外のすべての栄養素の1日必要量を摂取できるということですね。


実はこの会社は、BASE BREADより先に、BASE PASTAという「完全栄養パスタ」を開発していて、僕もその存在は知っていたのですが、パスタは茹でないといけませんから、僕にとっては「手っ取り早く」はなく、あまり魅力を感じませんでした(←ダメ人間)。


しかし、パンとなれば話は別です。全く調理の必要がありません。食べればいいだけです。それで必要栄養素を摂れるなら、まさに夢の食品です。ということで購入して食べてみました。味が「プレーン」と「チョコレート」の2種類あり、各8個ずつ計16個のセットをAmazon経由の購入で3980円でした。1個あたり249円、1食2個ですので1食500円のワンコインですね。継続コースだともう少し安くなるようです。


実食レビュー

こんな感じの箱で届きます。届きます、と言っても、実際はコンビニでの受け取りにしたので、不在がちでも大丈夫。


中はこんな感じです。


左がチョコ味、右がプレーンです。


写真が致命的に下手すぎて、美味しそうに見えませんが、ご容赦ください。営業妨害の意図は全くありません。どうか訴えないでください。


チョコ味でもプレーン味でも栄養素はほとんど変わらないようですが、食物繊維はチョコ味のほうが0.2g多いみたいです。


われわれ市民ランナーのように日常的に運動をする人間にとってはタンパク質が大事ですが、1食2個あたり27gになり、基準値をクリアしています。通常、パンだけでタンパク質を摂るのは難しいと思うので、これはかなりありがたいことです。逆に、炭水化物とナトリウムは少なくなっているので、糖質制限や減塩に取り組んでいる人にもお勧めできます。

さて、肝心の味ですが、電子レンジであたためたほうが、ふんわり、しっとりして美味しくいただけます。もちろん、あたためなくても不味いわけではありません。チアシードが入っているおかげで、独特のプチプチ感も味わえますが、これは好みが分かれるかもしれません。チョコ味のほうは何もつけなくても十分ですが、プレーンのほうは何かつけたいところです。僕はハチミツを使いましたが、バターでもジャムでも合うでしょう。

思いがけない問題

手間なし、ワンコイン、栄養は完璧、味も問題なし、となれば、まさに完全、言うことなし、と言いたいところですが、一点だけ問題がありました。ガスでお腹が張り、異常におならが出まくるのです。最初はたまたまかと思ったのですが、BASE BREADを食べたときだけそうなるので、どうやらBASE BREADによるものと見てよさそうです。何が原因なのか、僕だけの体質的な問題なのか、わかりませんが、これはかなりの問題で、食べるタイミングが限られることになります。仕事のある日の朝食には無理ですし、前日の夜でもやはり影響が残りました。前日の昼ならなんとか大丈夫でした。大腸にガスがたまると横腹の痛みの原因になるのでランニングをする日も避けなければいけません。つまり、ランニングをしない休日の朝食か昼食にしか食べられないということに・・・

この問題さえなければ、まさに完全食品、大いに活用して時間と手間を省きたいところなのですが、なんとも残念です。ただ、ひょっとしたら慣れてくるとおさまってくるものなのかもしれないので、淡い期待を抱きながら様子を見たいと思います。